Perfect Wisdom,Willion,Madisonium,Will-Energy,Madisonian, 意識素粒子、意識質量、意識エネルギーの燃焼

Will Energy
Atoms
"Willion"

"Madisonium"
in air, water and
universe
under construction !

Internet ?

perfect wisdom Madison

introduction by images
Spherical
Shorts
"Know-Hows"

madison's know-how technologies


Multimedia ?


heartpigeon
Greetings are Japan-time based.
Precisely now it's Watch your time, and take the best care of yourself !
ようこそ究極の知性へお越し下さいましてありがとうございます。
Thank you for your visit to Willion, Madisonium, Perfect Wisdom

Perfect combution of Will-mass , in this physical world, means the end of life, death. Each and evry atom and particle, also billions and billions of physical cells are destined from their birth to have Will-mass in non-detectable shapes, Willion(N+) and Madisonium(S-), to produce physical energies by combustion of Will-mass.

Ref. kehMoo-Magnetite
意識の本質を科学することの勧め。人間の霊性を知る。
全ての命(いのち)は、生かされて生きている、を科学する。

地球と宇宙の一切全てには意識が蔓延しています。 人間の意識とは異なる意識です。 人には人の考えがあり、生き方があり、やり方があります。これは人間の意識の行動に よるものです。 私達の思いや、 心や考えが、 この世に生まれる前から、 私達の父母 や先祖の思いや、心や、考えが生まれる前から、人類が初めて地球に現れ出てきた時 から今日までの、一切全ての人々の思いや、心や、考えが生まれる前から、地球と宇宙 には、”宇宙意識” が存在していました。人類誕生の前の生きもの達一切全てに、 生命体としての個別の意識は有りました。 山にも川にも空にも意識が有りました。  それぞれの生命体の”意識と” ”宇宙意識”が有りましたし、それらは、相関関係にあって、 現在も存在しています。


Ref. timebird:   「宇宙意識=宇宙摂理」の物理学的思考、意識素粒子、意識質量


「意識のエネルギー」が物質化したものが、宇宙と地球の一切全ての変化とい うものです。宇宙原理(宇宙意識)は、宇宙の一切全ての現象を、一つに統括して、 運営管理し、調整調和させる働きを持っています。宇宙は、宇宙を構成している 「個々の意識体」の、完全に調和した合成体で、出来あがっています。意識には、 負の質量があり、燃焼してエネルギー化しています。 「意識質量」は、(+)プラスに、 エネルギー化して「集中力」を生み出すWillion(N+)意識素粒子と (-)マイナスに、 エネルギー化して「分散力」を生み出すMadisonium(S-)意識素粒子の合体で出来ています。

「個々の意識」の「意識質量」が完全燃焼して、燃焼しきってしまうと、原子が結合して 物質化していた「もの」の、それぞれの原子は、完全に分解されて宇宙空間に分散し、 形ある物質は消えてなくなり、物質としての「生命体」は死んだことになり、姿・形は、 終焉を迎えます。 しかしながら、Willion(N+)意識素粒子とMadisonium(S-)意識素粒子は、 未来永劫に及んで宇宙空間に存在し続けるのです。 宇宙意識の働きによって「物質化したもの」には、 「構造条件と機能」が定められています。 これが「人間の行為行動」によって破壊されたとき、 物質化していた当初の「意識体」は、乱れて、変化します。宇宙の一切全ての現象の根源は、 「意識そのもの」であり、「意識が全て」と、いうことです。この「宇宙意識と個々の意識」の、 燃焼の「原因と結果」の現象について語り合い、研究し合うサイトです。


invitation to
the perfect wisdom
究極の知性への誘い


人には意識があり、意識の中にそれぞれの人の、思いや、考え方があり、心を形成しています。 心が動いて、人は行動にでる。心は意識という船に乗っている球状の宝の箱です。球状の宝の箱は、 意識波動で出来ている。箱の外側は、宇宙意識波動で包まれて(地球を取り巻く大気圏のように包まれて)おり、 箱の内部は、人間の心の波動で満ち満ちてる。そして常に、箱の外側の宇宙意識(神の意識)の意識波動 (肉眼には見えない光= 霊的エネルギーと、宇宙摂理を感じる感性)の波動の影響(監視と指導)を受けてる。 同時に、この箱の外側の意識波動圏は、他人の「心の波動」をそのまま、あなたの「心=心の波動圏」へ伝える ように創られているので、あなたは「他人の心」の影響をそのまま受けるのです。 宝の箱の中には「霊魂」が宿っていて、其の中身は、「本能、欲望、知性、理性」が詰まった様々な形状の 部屋があり、五温 = 色(肉体)、受(肉体の感覚)、想(想像)、行(心の作用)、識(意識)の機能を、 相関関係において自動的に操作(コントロール)するための「霊的エネルギー体の電磁場波動」でつながっており、 「心の内容と心の形状」は、常に刻々、変化し続けています。人の心の中に、諸仏諸菩薩と一つになれる寺があり、 神々と一つになれる神殿があり、宇宙の創造主と宇宙摂理を感じ、真理を思い考える意識波動が存在しています。

簡単に表現すれば、心の中に霊性、感性、本能、知性、理性を含めた霊魂がある。人間の本質は、は霊である。 人は肉体を持った霊である。人は霊的エネルギー体であり、神(宇宙意識の霊的エネルギー体)と、他人(人間の霊的エネルギー体) の影響を受けている。「霊性」とは、宇宙と地球の自然界を創造された全知全能の創造主を「己の自由意志」で思い考えて、 素直に従おうとする心を持った意識の状態を意味する。「感性」とは、広大な宇宙と地球の自然界を「素直な心」で見て、観察し、 自然の摂理と法則を、心で感じる心を持った意識の状態を意味する。人の「心のあり方」によって、様々な「心の中の内容」が、 形成されてくるので、人それぞれの「人格=霊格」が形成されてくる。心が外部の意識波動(光)の指導を受けて、片よりのない、 豊かな球状に、なってくると、霊性と感性は、進歩向上発展して心豊かな人になってくる。「霊性と感性」は表裏一体のものである。 全ての人間、の「心の中」には、このような原理が備わっています。他の動物、昆虫、植物、魚介類にも本能、知性、理性はありますが、 人間の心のように、高度に組みたてられた、霊性と感性がありません。だから、人間を、地球上では、「万物の霊長」と呼ぶのである。 霊性と感性が欠没している人は、人ではありません。人多き中にも人ぞなき、人となれ人、人となせ人の生き方の中に、 真実の命の尊厳、真実の人生の存在意義、価値、理由が自然に浮かび上がってくるでしょう。

人は思いが先にあって、行動を起こす。日常生活の全てがそうであります。
肉体の動きに関しては、人の思い通りに、瞬時に、肉体の全機能は働き動くのです。
これが自然の原理です。が、しかし、人の思いの、あり方、使い方によって、
自然の原理は、その肉体の全機能の働きと機能を、自然の摂理の網にかけて、
「心の状態」にふさわしい働きと機能に調整変化させているのです。

人間を創造された神は、神自身の意識体を分化させて「個の意識体」として人を
含む一切全ての「生命体」を創造されています。「地球上の生命体」として最も
高度な「霊性」と「機能性」と、「霊的」な、感性、本能、知性、理性を持たせて創造
されたのであり、「自由意志を持たせた個の意識体の人間」の霊魂が、自らの努力で
進歩向上浄化して、神と同体の意識(神我一体)へ回帰する様に、
宇宙摂理(神の意識)を置かれているのです。

完全完璧な意識の存在と、完全完璧な「もの」の存在を
表現する、具現化する、ために、、、です。
「肉体」と「幽体」と「霊体」という三つの要素で、複雑に創り上げられた
霊長類の長としての「姿と形=形骸」を持った人間として、地球上へ誕生させて、
いただいて、喜怒哀楽の人生を経験させていただいて、学ばせていただいて、
己の「霊魂」の進歩、向上、浄化のために、、、人間として、
この世に生まれさせて頂いたことを、あなたは、心から神に感謝していますか?
心の歴史が、人生であります。


人生を有意義に生きるための貴重なことを日本の古典から学ぶと、 大宇宙と地球の自然界の構造、人間をはじめ生 きとし生ける一切全ての生命体の内部構造の宇宙、宇宙摂理とそれらの働きに想いをはせて、よく観察し、覚醒し て、神と人間の関係の智慧を養い、人生において、功徳を積み重ねる実践行動の日々をおくることが大切であると いうことになります。日本人はこれまで幾千年の歴史の中で、だれ一人として、「神仏の存在」を疑った者はいなかった でしょう。また、人間の「心の力」を疑った者はいなかったでしょう。幾千年の間、神の存在、神の神秘、神の力、神社 の神秘、神社の力、仏の存在、仏の力、仏の神秘、仏閣の尊厳、仏閣の尊厳、仏閣の力は、悠久の昔から脈々と続いている 世界があります。 しかしながら、人生という生涯を終えて死に至り、即、霊界、神界という光の世界へ、進まれた 霊魂(意識体)は、日本では、ほんの数人(平将門、空海、道元、親鸞、鴨長明)を除いて、誰も無いようであります。 インドに生まれた釈迦と、ユダやに生まれたイエスキリストは、即、霊界、神界という光の世界に進まれました。 それほど、真実の世界は深淵なようであります。この問題を、「素直な心」で問い直すこと、となります。

古事記には、次の様に記されています。

「既に正実(まこと)に違(たが)ひ、多(おほ)く虚偽(いつはり)を加(くは)へたり。今之(いまの)時に 当たりて其(そ)の失(あやまり)を改(あらた)め不(ず)は、幾年(いくとせ)も経未(へず)して其(そ)の 旨滅(むねほろ)びなむと欲(す)。欺(こ)れ乃(すなは)ち、邦家之経緯(みかどのたてぬき)、王化(おもぶけ)之(の) 鴻(おほき)基(もとゐ)なり。故(かれ)、おもひみれば、帝(すめろきの)紀(ひつぎ)を撰(えら)び録(しる)し、 旧辞(ふること)を討(たずね)きはめ、偽(いつわり)を削(けづ)り実(まこと)を定(さだ)めて、後葉(のちのよ)に 流(つた)へむと、欲(おも)ふとのりたまひき。

中国の古典から学ぶと、悪行はせずに、善行を積み重ねる。自らが、 立派な人間に向かって功徳を積み重ねること。 他人をどうやって利するかを考える利他の発想と実践。 艱難、 汝を玉にす。 「天網恢恢(かいかい)疎にして漏らさず。」  天の網は広く大きく網目も粗いように見えるが、 決してどんな小さな悪事でも逃すことはなく天罰を受けるものだ。天知る、神知る、我知る、子知る、何ぞ知ること なしという。何をするにも、常に誰かが見ているので悪事は必ずばれる。

自分の思いや考え方を振りかえって、人生と命の価値 を知りましょう。
自分自身のことを知れば、他人のことも理解出来るようになります。
人はなぜ生まれ、いかに生きるのか? の、真髄の答えを見つけましょう。


「肉体」と「幽体」と「霊体」という三つの要素で、複雑に創り上げられた
霊長類の長としての「姿と形=形骸」を持った人間とは、、、どういうことか?
を詳しくお知りになりたい方は、ご意見ご要望として、扱わせて頂きます。



ホームページ作りの相談はお気軽にどうぞ
ご意見ご要望をお寄せ下さい。Send your comment and request.

January 1, 2016